開業ケース3・20万人~50万人規模の地方都市の町弁(マチベン)

弁護士の独立・開業「ケース3・首都圏と地方の人口10万人~20万人規模の都市の町弁(マチベン)」
当社がサポートする弁護士の独立開業のケースで代表的なお客様のイメージを説明していきます。

FullSizeRender

ポーカー・フェイス 代表 清水信宏

当社の扱う独立・開業サポートで増加率(受任件数の増加率)の3番目に多いものに首都圏・地方問わず人口10万人~20万人程度の中規模都市の町弁(マチベン)があります。原則は人口20万~50万規模の都市が弁護士のWebマーケティングには適していますが、周辺の状況によっては人口10万人~20万人規模でも十分な結果を得られます。具体的には八千代市、佐倉市、小山市、足利市、上田市、刈谷市などがこの規模にあたります。

周辺の状況

経験上Webマーケティングで適切なコアエリアとしては15km圏程度だと思います。周辺にある程度の人口規模の町がある場合やWebに力を入れている事務所がない場合などは人口10万人~20万人規模の都市でも十分にWebからの相談を受付けることが可能で、商圏の打ち出し、適切なインフォメーションを行ない、地元密着の事務所方針に基づいていくつかのアクションを続けることが重要です。

商圏を決めたなら

特に地方の場合は商圏の各エリアからどのようにアクセスできるかを明確に表示することが重要となりますので、鉄道情報や道路情報は分かりやすく明示いたします。