社会保険労務士ホームページ

社会保険労務士ホームページの概略

税理士と社会保険労務士(社労士)は顧問獲得の可能がありますので、ホームページの主たる目的はここに絞られるもので、マグロ漁的に、たまにいいお客さんを引くというスタイルが多いです。問い合わせの数自体が少なくなりがちですので、弁護士のホームぺージの項で説明したホームページの大きな役目「依頼者と直接対話できるマーケティングリサーチの役割」を持たせることが難しくなります。

そこで、ホームページからの問い合わせを増やし、依頼者と直接対話できるマーケティングリサーチの役割を持たせるには・・

そもそも税理士と比べ「社会保険労務士」の存在を理解して探している方は少ないので、助成金・助成金と絡めた起業支援、労働トラブルなどの企業側が困っていて社会保険労務士側としては煩雑な業務、給与計算(ペイロール)など面倒で利幅は薄いが需要は確実にあるアウトソーシング、などのテーマを押し出してソリューション的にコンテンツを展開するもので比較的面倒なものというのが反響を取りやすいです。最初は市場との対話の意味で、将来的に実績を積み重ねれば効率化できるだろうという1テーマに絞って展開してみるのがよろしいでしょう。

「コーポレートサイト」については弁護士のホームページの説明をご参照下さい。

「集客型ホームページ」の差別化については税理士のホームページの説明を参照下さい。

ランニングに最低限かかる費用(レンタルサーバとドメイン)

当社で作成する自己更新型のホームページが動作するレンタルサーバ (後から当社に依頼される場合は下記のサーバをでお申込みください、サーバ契約がない場合、契約も無料でサポートします)
 当社の思想はランニングに費用を掛けないことです。とにかく、ランニングは低コストに押さえてください