刑事事件(刑事弁護)

弁護士の刑事事件テーマホームページについて

弁護士の業務イメージ問題解決の受け皿としての弁護士事務所のホームページが一番効力を発揮するのは消費者の方がすぐに解決しないといけないことで、尚且つ、前知識がなく普段接していない事ですので、刑事事件に関するテーマは反響を得ることが可能です。

刑事弁護の場合は即時性が求められますので所内の体制づくりが重要な課題となります。一人事務所の場合ホームページで相談を受け付けてはいるが対応できないなどという事も出てきてしまうかもしれません。

刑事事件専門の法律事務所を除けば、時間的な余裕のある業務と刑事事件(刑事弁護)の業務をうまくバランスよく合わせて対応していけるように、刑事事件以外のホームページテーマを考える事が重要です。

他の業務でもそうですが、相談時間は弁護士の都合ではなく、顧客の都合に合わせて決めるべきですので、サラリーマンが電話出来る夜の時間帯、土日祝日なども携帯電話などで受付を出来るようにすることをお考え下さい。

また、受任率が一番高くなるのは当日や前日に相談を申し込んできた方になりますので急いでいる方への対応姿勢は弁護士の場合非常に重要です。

弁護士(法律事務所)のホームページテーマ