相続

弁護士の相続テーマホームページについて

相続は離婚などと比べると問合わせ数は少ないテーマです。相続税、登記で税理士や司法書士に相談して関係ができている場合、そこからネットワークの弁護士に相談が行くケースも多いのでホームページでいきなり弁護士を探すということが少ないとも言えます。

相続の場合は長い視点で不動産オーナーなどにコネクションを作ることも重要ですので、別に不動産テーマのサイトを持ち不動産オーナーのアパート明け渡しなどに関わりながら相続の相談を受け付けるような長期戦略を持ちましょう。

遺言書に関しても長い目で見れば相続の入口となりますので、ホームページからたくさんの問い合わせが来るものではありませんが、相続テーマのホームページを立ち上げた時には遺言の入口を設けるようにしましょう。

また、相続に関しては自治体や住宅メーカーなどで数多くのセミナーを開催しております。当社にも自治体などから講師派遣の依頼が来ることがあります。このようなセミナーの講師として積極的活動するのも効果的です。

弁護士(法律事務所)のホームページテーマ