弁護士

士業がホームページ選定するときの教科書

士業がホームページ選定するときの教科書を当社関連サイトにUPしました。


士業の皆さまが後で後悔しないように、様々な段階に応じて選ぶ可能性のあるホームページ制作サービスを体系的にまとめてみました。

士業がホームページ選定するときの教科書(ホームページ制作会社の役割は航空会社と旅行代理店を足したようなもの)

 

 

 

【士業向けおすすめ記事】テーマサイトの有効性

なぜネットで集客しているような事務所はいくつものホームページを持っているのか? 

 テーマサイトの有効性について当社関連サイトにまとめました。 

“テーマサイトではその事務所が該当のテーマに対しての強みやサービスだけをアピールすることができるので総合スーパーではなく出来の良い魚屋としてのアピールができ、検索エンジンの検索結果をクリックして意図しないページを開いた場合でも、自分が今魚屋の中にいるのだという事をファーストビューにおいて示すことが可能です。”

“ちなみに第一の層に対しては第二の層以上にリスティング広告が有効となります。問題解決に向けたフェーズに入っている場合、直接的に依頼先を探している可能性がありますので、ユーザーはリスティング広告を行っているような事務所のほうが受け入れ態勢があるという判断で、話しが早いのではないかと思うのです。”

詳しくはこちらを参照ください。

【士業向けおすすめ記事】コンテンツマーケティング

当社関連サイトに士業のコンテンツマーケティングについてのまとめを掲載
士業のコンテンツマーケティングについてはこちら

 

 

【弁護士向けおすすめ記事】Webマーケティング

当社関連サイトに弁護士のWebマーケティングのまとめを掲載

弁護士のWebマーケティングについてはこちら